FXのショート



FXのショート


FXでショートといえば、売りです。ショートは、ベアともいいますが。
FXでの買いはロング。ロングはブルとも言います。
株では通常、安く買って高く売ります。それで儲けますね。
最初に売って、安くなったら買い戻すという手法はカラ売りといい、信用取引で行えます。

FXでは、買いも売りもいつでもできます。信用取引といったようなワンクッションはありません。
でも、安く買って高く売るというのは理解できるけど、先に売るというのが理解出来ない。
FXをやっていて、そんな人も多いのではないでしょうか。

しかし、FXやCFDのショート、それにeワラントのプットは、儲けたければ避けられません。
売り、ショートというのは、慣れれば儲けやすいものです。
相場は上がったり下がったりしますが、上がるときだけ儲けるのと、下げでも儲けられるのでは
株でもFXでもチャンスの数が単純に2倍になります。
しかも、金融危機のように株や外貨が下げまくりの状況で、FXのロングで稼ぐのは難しいでしょう。
と、いうか、危険です。ショートで行くのが王道です。

FXでのショートは、ロングよりも急角度になりやすいのが特徴です。
別の言い方で言うと、FXでの上昇はゆっくりだが、下降は早い、ということです。
つまり、FXのショートでは短時間で稼げます。ショートはお得なのです。

FXでショートをやらないのはもったいなすぎます。
ただ、FXだとスワップを払う事が多いので気にはなりますね。
もっとも、FXにおいて、売りならスワップというわけではありませんが。
私のFX売買はデイトレですのでスワップは全く気にしません。
それに世界的に金利が低下していて、スワップは下がっていますので。

FXのデイトレですが、とくにショートの場合は早めに決済します。
急に外貨が下がると、また急に反転しやすいので。
FXでは素早さも重要です。







FX口座開設
FX実践
FX自動売買
FXと経済指標
FXでデイトレ
FXと天底
FXとユーロ円
FXとクロス円
FXのショート
FXのレバレッジ
FXの資産管理
FXと基軸通貨
FXとポジション
FXとローソク足
FXとボリンジャーバンド
FXのメンタル
FX
カラ売りで下相場でも儲ける
株式投資の本
信用取引
移動平均線と売買
配当率と配当
株式売買実績表
72の法則
ETFってなに



▲FX投資の初心者が為替で儲ける実践記TOP
▲株式投資初心者からの資産運用日記