定期預金



定期預金


定期預金 2008年11月、長期預金を始めた。
ひとつは愚息名義で三百万円を横浜銀行で、五年もの年0.65%。
率は決してよくないが、子供名義の銀行は、これだけしかないので我慢。
三百万円で率が変わるタイプだ。五年後に七万円くらいは入る。
どうせ子供用の贈与専用口座なので、これでよし。緊急時は使っちゃうけど。

もうひとつはE−BANK、自分名義に四百万円。特殊定期十年もので、解約できないが、
率は最初の五年が年1.6%、残りが1.8%。なかなか高率だ。
十年後に五十六万円ゲットできる計算。
五百万円行こうとも思ったが、愚息の口座を三百万円にするために、
五十万円を振り込んだのでダメになった。
それでも残り四百万円近くあるので、半分はまた別の定期に入れる。

手元に百万円ないと安心できないからで、深い意味はない。
それに保険金が毎年百二万円かかるので余裕を見て二百万円くらいは動かせない、というわけ。

そうこうしている間に、会社の昼休みにE−BANKの定期預金一年もの0.9%に百万円を入れた。
とりあえず百万円かな。E−BANKには、まだ浮いている199万円があるが、どうするかは不明。
さらに一週間後、定期預金一年もの0.9%に百万円を入れた。さんざん迷った挙句が、結局これだ。
一年後に九千円×2かあ……少ないなあ。
余剰金の運用



▲FX投資の初心者が為替で儲ける実践記TOP
▲株式投資初心者からの資産運用日記