配当率と配当



配当率と配当金の考え方


どこに投資しようか悩んで株価を調べていると、配当率や配当という項目が出てきます。
例えばトヨタ自動車だと配当は140円。配当率4.9%程度です。

いいなあ、配当率約5%かあ。だったら、1000万円分株式を取得すれば年50万円の配当金かあ。
と思ってしまいます。
しかし、日によって配当率が変動します。
あれ? 何で配当率が変動するの? じゃあ、いったい配当金はいくらだ?
本来、日によって変動するのは株価だけですね。配当金は変動しません。
そこで気づきました。

配当金は固定で、今の株価からの率が配当率なのね、と。
分かってしまえば当たり前ですね。

そうか! 投資家がいくら株価を売買しても、企業は儲かりません。含み益は変わるけど。
だから株価によって配当金を変動させる理由がないです。
決算で配当金を決めると、株価から割って配当率が出ます。

今は株価が3000円程度なので配当率4〜5%だけど、最高値の8000付近では配当率2%を切るわけです。
なので株価がどうであろうと、取得保有数×配当金しかもらえないのですね。
ああ、やはり配当金だけではあまりいい思いができそうにありません。
そもそも配当金は業績いかんですので毎年変動します。「なし」もありえます(厳しい〜)。
やはり株式は、配当のインカムゲインでなく、高値がついたらとっとと売るキャピタルゲイン狙いに限ります。

配当率ベスト20とかを見ると、配当率930%とかが出てきます。
おいおい、なんだよそれ。
恐る恐るクリックしてみると、なんと株価が2円。
株価が急激に落ち込むと配当率がずばぬけて上がるのですね。
上場廃止寸前です。

配当金と配当率のからくり、知らなかった……。
素人だから、そんなことさえも全然知らない。
そういうことが知りたくて株式投資の本を買って読んでいるのに、
配当が2、3%とかの情報だけですからね。

やはり基本は安く買って、高く売る。ですね。

短期投資か長期投資か
株式投資の本
信用取引
短期投資で確実に利益
株式売買実績表
ETFってなに
72の法則



▲FX投資の初心者が為替で儲ける実践記TOP
▲株式投資初心者からの資産運用日記