カラ売りで下相場でも儲ける



信用取引で下相場でも儲けるカラ売り


私は、株式投資初心者なので信用取引はやるつもりはなかったのですが、ちょっと考え方を改めます。

株式投資で破産する個人投資家の典型例として、信用取引で株式を買い、暴落して大損、というパターンがあります。
そうでなくても自己資金をほとんどつぎ込むと。
証券会社から自己資金の数倍の金を借り、株式を買う(カラ買い)。
まあ、上げ相場ならカラ買いもありでしょう。私はしませんが……。

しかし、信用取引は6ヶ月で資金(または株式)を返さねばならず、
たとえ買ったときより安値でも株を売らねばなりません。
または自分で株式を買い取ることもできます。
信用取引では、ちょっと株価が下がっちゃったから株式を長期保有しよう、といった気長な投資方法が通用しません。
しかもお金や株を借りているので、金利、借り株料の支払も必要です。

相場には上げ相場と下げ相場があり、上げ相場のときはどんな株式でも、安いときに買い、天井圏付近(暴落前)に売れば儲かります。
失敗する投資家は天井付近や下げ相場でも買いに走り、損をすることが多いようです。
つまり、買いしか知らない投資家です。
そんな馬鹿な、と思ってしまいますが、それが現実なのです。

私も上げ相場で儲けるため、天井圏よりかなり前で売り、以降は底値圏までの数年間、株式投資は休みにするつもりでした。
天井圏であることを知る指標は色々ありますが、書店に株式投資の本が溢れかえっていたら、もはや天井ですね。

上げ相場なら株で儲けるのも難しくありませんが、下げ相場では株式投資で儲けようがない。
なので債券を買うか、預貯金にするか、考えようとしていました。
しかし、カラ売り(信用取引)の存在を知り、考え方が変わりました。
信用取引といえば怖いイメージがありますが、絶対に株価が下がるのが分かっている状態 (例えばリーマンショックなどの暴落時)ならば話は別です。

カラ売りとは、先に証券会社から株式を借りて売ります。
これが初心者の私には意味不明でしたが、証券会社には投資信託があるので大量の株を持っているのですね。
または貸し株といって証券会社が個人投資家から借りた株です。
銀行のように個人投資家に金利を払って借りるんですね。
その株式を有料で借りてカラ売りするのです。
株式を貸してあげるから6ヶ月以内に株式を買って返してね、というわけです。
証券会社はカラ売りの手数料と金利を得て、株を貸した投資家に金利を払います。その差額が証券会社の儲けです。

例をあげると、まず、カラ売りで1000株売って100万円だとします。
6ヶ月後に1000株を50万で買い戻して証券会社に返せば、50万円の儲けですよね。
手数料や金利を返す必要がありますが、暴落時にカラ売りを使えば短期間で儲かります。
当然、6ヶ月より前に返してもいいので、短期で片付けるのがいいでしょう。
というよりも短期で終わらせるべきです。

でも、普通の買いと逆で、カラ売りした後に株価が上昇したらアウトです。
100万円で売ったものを120万円で買えば、20万円の損です。

大きな儲けにつながる可能性を持った信用取引ですが、専用の口座が必要であり、金利も必要。
しかも売買は証券会社の指定銘柄に限られます(当然ですね)。
投資信託をしていたり、貸し株をしているとできないというのもあるようです。
また、証券会社によっては投資経験も問われるようです。
半年や一年は現物取引の経験が必要なようです。

6ヶ月制約もありますので、信用取引の使用は慎重に考えたいものです。
私の場合は上げ相場で儲けた資金で解決できる範囲で行なうつもりです。
借金をして株を買うのは潔しとしないのでカラ買いもしません。
あくまで下げ相場でのカラ売りに使うのみです。

そのためには一刻も早く、当初の資金分以上の利益を確保したいものです。
そうすれば、もし失敗して大損しても諦めがつきます。

それともうひとつ、信用買残、信用売残の話。
信用買い残は、信用買いを行った残高の話で、買わなければいけない株数ではないのです。
これは間違えてしまいました。
信用貸借倍率は、信用買残 ÷ 信用売残
で求められるので、1未満(例えば0.25倍)ならば、6ヶ月以内に「買わなければいけない」株がたくさんあるということです。
逆に1より大きければ(例えば3倍)、「売らなければいけない」株があることを意味します。
なので1を切っている信用貸借倍率ならば、いずれ買いが入るので株価が上昇します。

逆に信用貸借倍率が1よりも多ければ、株価上昇のときに株を売られ、上昇を止められることになるでしょう。
「あびせ売り」ってやつですね。
なので、株式購入の目安としては信用貸借倍率が1未満であること、となります。

短期投資か長期投資か
株式投資の本
信用取引
移動平均線と売買
配当率と配当
短期投資で確実に利益
株式売買実績表
ETFってなに
72の法則



▲FX投資の初心者が為替で儲ける実践記TOP
▲株式投資初心者からの資産運用日記