海外ETF



海外ETFで分散投資


ETFについては
ETFってなに
で、説明しました。
今回は海外のETFについて。
米国、中国など、外国株に投資しようと思っても、国内の企業と違い情報が少ないのが実情です。
四季報もないし、新聞にも細かく載っていません。
インターネットで調べても、日本語でないと厳しい。

なので、海外の株については投資信託、それも上場しているETFがよいのではないでしょうか。
ETFには金や石油などのコモディティもあるし、IT企業なんかもあります。
商品数は膨大ですので、きっと気に入るものがあるでしょう。

オーソドックスにはNYダウやハンセン指数に連動するものなどがあり、
感覚としては日経平均株価に連動しているものと変わりません。
大きなリターンはないけれど、リスクも少なめです。
もちろん新興国のETFに投資すれば、ハイリスク・ハイリターンも狙えます。

分散投資の一翼として海外ETFを選ぶ場合、まず、通貨が違うことでリスク分散でき、
さらに複数の株に分散投資しているので、海外ETFは「分散」にはうってつけでしょう。
信託報酬が低く、株と同じように売買できるのが魅力です。

ただ、口座に外貨をプールしておかなければ売買が出来ませんので、為替レートをよく見てから
資金の移動を考えなければなりません。
円高のときに資金を移動させておいて、後でじっくりとどれにするか考える、というのも手ですね。

海外ETFのかしこい儲け方


評価:★★★

ある程度資金が貯まったら、海外ETFをやるつもり。今はまだ本が少ないですね。
資料が少ないので貴重な本です。ただし、リーマンショック寸前に出た本なので、
そのあたりは気にして読むべし。
著者は、以前にプレジデントで読んだ記事を書いた人でした。



カラ売りで下相場でも儲ける
株式投資の本
信用取引
移動平均線と売買
配当率と配当
株式売買実績表
72の法則
ETFってなに



▲FX投資の初心者が為替で儲ける実践記TOP
▲株式投資初心者からの資産運用日記