日経225先物



日経225先物


FX 先物と聞いて「怖い」と思った人も多いのではないでしょうか。
私もこの歳になるまで、先物の意味が不明でした。
意味不明だし、怖い。

数ヵ月後、トウモロコシが高く売れるか安く売れるかを決めて、その差額を貰うか、払うかするのが先物ですね。
こうすれば、トウモロコシ業者はいつも同じ価格でトウモロコシが売れるわけです。
その方が事業計画を立てやすいですね。
しかし、ここで取り上げる先物はトウモロコシや大豆ではなく、日経225先物、日経225先物ミニです。

日経225先物とは、日経平均株価が上がるか下がるかを予想し、その差額を貰うか、払うかという金融商品です。
日経225先物ミニは日経225先物の1/10の金額でできます。
日経225先物は決済の日が決まっていますが、その前に売買すればいいので、普通の株の売買と殆ど変わりません。
日経平均株価が上がると思えば買えばいいし、下がると思えば売ればいいわけです。
株のカラ売りと同じで、日経225先物では先に売ることができます。
そして、差額が出たところで売買をします。買ったのなら売り、売ったのなら買い。

早い話が日経平均株価で売買するわけですね。
日経平均株価が上がるか下がるかをみて、売買する。
日経225ETFみたいですね。
ETFってなに

でも日経225先物ではレバレッジが掛けられる上、売りからも入れるので信用が必要です。

この下げ相場において、「売り」から入れるという魅力につられ、口座開設しようとしましたがダメでした。
やはり株式投資1年以上の経験が必要のようです。(SBI)
FXもレバレッジがあって、売りから入れるのに経験制限がないのは不思議。

日経225先物ミニなら、かなり単価が安く、簡単に参戦が出来ると思ったのに。
日経平均株価なら上がるか下がるか、簡単に予想がつきます。
いや、簡単に予想がつく日が多い。といった方がいいか。
だって、NYダウを見ているだけでも大きな上下は見切れますので。

一年後には日経先物ミニを使って稼ぐとしますか。


カラ売りで下相場でも儲ける
株式投資の本
信用取引
移動平均線と売買
配当率と配当
株式売買実績表
72の法則
ETFってなに



▲FX投資の初心者が為替で儲ける実践記TOP
▲株式投資初心者からの資産運用日記