お稽古について


門下生の会は梨音会(りおんのかい)と申します。“梨”という字には「歯切れの良い」という意味があるとかでこの字を使いました。私自身の性格は単純(歯切れの良い?)で、洞察力はあるつもりですが、深読みができません。人間関係の機微には興味がありますが、面倒なことは苦手です。以前京都に嫁いだ妹から「お姉ちゃんは京都では生きていかれへんわ」と言われたことがあります。
 どちらかと言うと体育会系の教え方かもしれません(長年教えている青山学院箏曲部での私の肩書は“箏曲部コーチ”です)。その人に合った、その人が少し先に行けるようなハードルを次々に用意するのは得意です。


 お教えするのは基本的に古曲と宮城曲ですが、ご希望があれば現代曲もOKです。
 門下生には初心者からプロの方までいろいろな方がいらっしゃいます。年齢も小学生から80才超の方まで、お稽古は音楽をお教えするだけでなく、エネルギーの交感でもあると思います(時には風邪菌もいただきますが…)。皆さん、真面目で勉強熱心な方ばかりです。

◎お稽古場は東京と兵庫県姫路市にあります。

東京: 世田谷区三軒茶屋(田園都市線三軒茶屋駅徒歩5分)
姫路: 姫路市東駅前町(JR姫路駅徒歩3分)

◎お稽古形態は
初心者・中級者は月3回(火、木、土、時間曜日は相談の上決定)。
上級者はワンレッスン制です。
姫路のお稽古は月に1回です。

◎発表会は年に一度、秋に温習会(お座敷での発表会)を開催しています。
また「大きな舞台に立ちたい」と思われる方は春の紫桐会演奏会にもご出演いただけます。

詳しくはメールでお問合わせ下さい。(右側メニューの「お問い合わせ」をクリックしてください。)
まずは一度お目にかかってお話ししましょう。

更新:2016.11.17
「OG部活」
「青山学院中等部箏曲部の部屋」
©2015 Kazuyo Kinugasa