テストステロンでマッチョ

テストステロンでマッチョ

テストステロンを効果的に分泌させて、男らしく、マッチョになろう。 筋トレするなら絶対に知っておきたいホルモン、テストステロン。 テストステロンの少ない人には、サプリメントや薬でホルモンを調整する方法もあります。



テストステロンは天然の男性ホルモン

テストステロンは代表的な男性ホルモンで、 哺乳類は、精巣(つまり睾丸)で95%、副腎で5%作られます。 女性には当然、睾丸はないのですが、副腎がありますので、少しは男性ホルモンもあります。 男性の10%くらい、といわれています。 テストステロンは、15歳くらい(思春期)から分泌し始め、筋肉や骨格を男性らしく作っていきます。 男の子が、声変わりや髭が生えるのは、そのせいです。
テストステロンは筋肉(骨格筋)を(結果的に)発達させますので、 トレーニーには嬉しいホルモンなのですが、いいことばかりではありません。 ニキビや、頭髪の脱毛も、テストステロンから変わるホルモンである、ジヒドロテストステロンのせいで起こります。
エロ禁止、オナ禁でジヒドロテストステロンへの変化を減らすことができる(9日周期)という説がありますが、 真偽のほどは不明。
テストステロン
表を見ればわかるように、 テストステロンは、25~30歳くらいでピークを迎え、40代後半にはピーク時の半分程度にまで落ち込みます。 性欲の減退や筋肉量の低下、やる気の減退など、テストステロンの減少は、加齢と完全に一致します。 40~50代が一番低い(定年後60代で回復)との結果もあり、それはストレスのせいだと思われます。
また、その一方でテストステロンの分泌量には、かなりの個人差があることもわかります。 表を見ると、ぶっとんだ値の人がいるかと思えば、ものすごく停滞している人もいる。 70歳を過ぎても30代くらいのテストステロンが分泌されている人が実際にいるのですから驚きです。 恐らく、やたら元気な老人なのでしょう。



筋肉を増やすテストステロン

加齢以外にも、テストステロンの分泌を抑えてしまうことがあります。
・ストレス
・運動不足
・睡眠不足
・肥満
など。
テストステロンは、やる気ホルモンなので、 テストステロンが少ないと、性欲減退、やる気がない、鬱、などになります。
逆にテストステロンを増加させる作用というものもあります。 ・十分な睡眠、特に22時~2時の間
・トレーニング
・亜鉛の摂取(本当かな?)
・スポーツなどで勝っているとき
などです。 個人的には、マッチョ野郎が、ジムでウエイトトレーニングしている映像が利きます。 あと、ムエタイのミット打ちも見ていて興奮します。 双方、ユーチューブに腐るほどあるので、参考に!
ある実験では、銃を15分程度触ったあと、唾液からテストステロン量を測ったら、 平常時のおよそ100倍の分泌量があったそうです。 う~ん、確かに、戦闘シーンはいいかもね? 銃を手入れしてる動画もいいねえ。 男は狩りが好きなんだね。
睡眠は寝始めの3時間ぐらいが、ぐっすりだといいみたいです。 必ずしも22時に寝る必要はないと思いますが、寝れるのなら寝たほうが良い。 また、昼寝でも(短時間)ぐっすり寝れば、テストステロンが出るようなので、休日に取り入れています。 平日の電車の中の居眠りも気持ちいいですが、テストステロンが出るとは思えないので。



睾丸マッサージでテストステロン分泌

タイの睾丸マッサージというのをご存知でしょうか? 生殖機能を促進させるために行うマッサージですが、その場所が睾丸なのです。 自分でも出来ますので、痛くない程度に、揉んだり、引っ張ったりしましょう。 身体のどんな場所でも、マッサージすると血行が良くなり、機能が改善されますが、 睾丸も例外ではありません。
実際に私も、毎日実行中ですが、睾丸マッサージをすると、精液の濃さが半端ではなくなります。 初めてのとき、人生最高濃度であったことは間違いない。 つまり、精巣が機能を増進しているわけですから、 精巣で作られるテストステロンもより多く分泌されているはずです。 睾丸マッサージの最中にテストステロンが出ているというよりも、 睾丸が活性化して(元気になって)、寝てる最中のテストステロン分泌量が多くなるのでしょう。多分。 ※あくまで私見です。
副腎は揉めませんが、睾丸は誰でも揉めますので、無料で簡単に出来るテストステロン増進法です。 しかも、テストステロンは睾丸で95%も作られているわけですから、効果はてきめんです。 人前では出来ない、というか、してはいけませんが。。。
まさに、アナボリック効果抜群で副作用なしの、盲点ともいえる、 テストステロン分泌増進の大技ではないでしょうか? できれば、パートナーに睾丸をマッサージしてもらった方がいいでしょう。
慣れとは恐ろしいもので、マッサージを初めてすぐに、結構、強く睾丸を握っても痛くなくなります。 ちょっと抵抗がある方は、まずは短時間、風呂で湯船につかっているときにマッサージするのがいいと思います。 個人的には、男性は全員、睾丸マッサージを絶対にやるべきだと思います。
また、強力なマッサージにより、防御力がつきますので、金的攻撃にも若干ではありますが、抵抗できます。 ※あくまで私見です。



テストステロン療法

テストステロンが足りない人は、注射や軟膏などのホルモン薬により、補充することができます。 専門のクリニックに行き、テストステロン値を測り、治療を受ければいいわけです。 でも、けっこうお金がかかります。しかも、行くたびに。 その分、プリズマホルモン軟膏(塗るタイプのテストステロン)を買って使えばいいじゃん。と、私は思ってしまう。
注射は尻などの筋肉に注射し、1~2週間かけて体内にじわじわ浸透するようです。 ただし、かなりホルモンの浸透量の上下動がキツイ。 つまり、一度に注射されるので、最初はドバッと分泌されるが、徐々に減っていく。 そのため、定期的に通院する必要があり、面倒で、予算もかかります。 テストステロン投与の効果があると認められれば、クリニックでも注射は止め、軟膏に替えるそうです。
注射は無理ですが、軟膏や飲み薬ならば、自分で(ネットで)手に入れることができます。 40代以上で、精力減退、元気がない、勃起不全などと、うったえれば医師も薬剤師も、まず納得してくれます。 男性更年期障害ですね、となるわけです。なので、ネットで買えてしまうのです。 44歳以下の方は、直接、クリニックに行ってくださいね。 保険がきくものの、テストステロン値を計測したりして、予算がかかります。
プリズマホルモン錠という薬があるのですが、 これが朝昼晩2錠ずつ、6錠飲むと1日で5mgのメチルテストステロンを補充できる、というものです。 メチルテストステロンはテストステロンに似せて人工的に合成したホルモンです。 テストステロンは経口だと、肝臓で代謝されて血液中に入っていかないそうです。
そのため、代謝を阻害する作りになってるのですが、それのせいで、少なからず肝臓にダメージがあります。 アナボリックステロイドの副作用で、肝臓が健康診断で引っかかるレベルに低下するのはこれのせい。 塗り薬のテストステロンは、テストステロンそのものなので、毛細血管から浸透して肝臓は関係なし。
20~30代の健康な男性で、1日に分泌されるテストステロンは7mgくらいなので、 テストステロンが殆ど分泌されていない人にとって5mg摂取ならば、妥当な量ではないでしょうか。 ちなみにアナボリックステロイド使用者は週に500~1000mg使っているのがザラです。 プロビルダーだと、もっとすごい人もいる。 プリズマホルモン錠には、メチルテストステロン以外にも睾丸抽出物など、いろいろと含有しており、 テストステロンの分泌を促進するようです。
また、プリズマホルモン軟膏というものもあります。 これは1日1回0.1gを直接、体(陰嚢など)に塗るのですが、 その場合のテストステロンの含有量が1mgになります。 経皮吸収なので添加物はなく、純粋にテストステロンを補充します。 メチルテストステロンではない、純粋なテストステロンです。
テストステロンは一日を通して分泌され、夜(睡眠時)に作られ、朝が最高の状態で、どんどん減っていくものです。 起床3時間後がマックスになるとの説もありますが、満員電車に乗ってしまってはストレスで激減してしまいそうです。 一時的に夕方辺りで増えますし、トレーニングすると増えますし、昼寝でも増えます。 でも、ストレスでテストステロンは簡単に減ってしまいます。
テストステロンはせっかく増えても(摂取しても)、11~90分で半減するとのことですので、 あまり、どくどく分泌状態は続かないようです。 そこで、人工的に長続きするように作った(使うようにした)のが、アナボリックステロイド(筋肉増強剤)なのです。 アナボリックステロイドはさすがに、ダメでしょう。副作用が強すぎる。



プリズマホルモン軟膏

プリズマホルモン軟膏を実際に使ってみました。 薬剤師の問診がありますが、ネット上で簡単に手に入ります。
なにがしかの競技に参加している人は、禁止薬物になりますが、私は男性更年期障害治療薬として使用しております。 まあ、私は40代以上なので、いいのです。これといった症状はなくとも、堂々と使えます。
アナボリックステロイドも、海外個人輸入で安易に安価に手に入りますが、副作用が怖すぎます。 ここは、より安全なテストステロンを使ってみようと思います。 もちろん、筋肉増加を期待して、です。あと、長年苦しんできた肩の痛みにも。
色々と薬局をまわってみたのですが、プリズマホルモン軟膏は、売っているところがないようです。 プリズマホルモン・ブランドの精力剤、錠剤はあります。 プリズマホルモン軟膏は本来、医師の出した処方箋で売られるもののようです。
朝起きたら0.1gを陰嚢(一番吸収しやすい)に塗り、これで1mg補充出来ます。 プリズマホルモン軟膏は10gなので、なんと100回分もあります。 これで2500円程度ですので、効果があればお買い得でしょう。 これが正しい用法・容量です。
私はこれを、お昼に塗りました(真似しないように)。 午前中はデスクワークしながら睾丸マッサージをしますので、陰嚢に塗ってしまっては都合が悪い。(とれちゃう) 1日で一番、テストステロンの分泌量が減る昼に塗って、補充したいのです。
昼に、片側に0.1gずつ、左右で2回分を、良く伸ばして、塗ったのですが、 なんかボーっとしてきたので、強かったのかもしれません。(暖房の効きすぎかもしれないけど) 昼に右側に0.1g、午後3時に左側に0.1mgのがいいかもしれません。 ※やはり、1mg塗った直後から確かに頭が重くなります。少々胸も苦しい。
自分の通常時のテストステロン分泌量が分からない(有料で測れる)のですが、 1日平均7mg分泌で、プリズマホルモン軟膏で2mg追加なら充分ではないでしょうか。
アナボリックステロイドは、異常な量を投与しますので、筋肉の増加と副作用が凄まじいです。 私はテストステロンを自然な単位で補充します。 あくまで正常値の範囲内です。
睾丸マッサージやトレーニング、長時間睡眠によるナチュラル分泌と、プリズマホルモン軟膏による補充で、 通常健康男性のテストステロン分泌量7mgの2倍くらいになっていれば、嬉しい限りです。 まあ、調べようがないですが。。。
プリズマホルモン軟膏の効果は、正直いって、わかりません。 トレーニングをやや多くしたのですが、疲れません。あまり筋肉痛にならない。エネルギーレベルも高い。 まあ、早くに寝てるし、たんぱく質摂取量も増やしました。 どうでしょう?



プリズマホルモン錠

プリズマホルモンの錠剤タイプです。 朝昼晩2錠ずつ、6錠飲むと1日で5mgのメチルテストステロンを補充できます。 プリズマホルモン錠は、他にも添加物が多く、テストステロンの材料や前駆物質も入っています。
テストステロンやアナボリックステロイドは、経口だと肝臓に負担がかかります。 アナボリックステロイドの場合は、飲む量も半端じゃないので、肝臓がボロボロになります。 肝臓を休ませるために、数週間、間をあけますが、注射の場合は肝臓にダメージなし。 プリズマホルモン軟膏も経皮薬なので、肝臓負担はナシ。量も少ないし。
でも、プリズマホルモン錠は気を付けないといけません。 肝臓に負担をかけない程度の容量(1日分7mg未満)になっていますが、ダメージはあると思われます。
プリズマホルモン軟膏は1日に1mgなのですが、プリズマホルモン錠は1日5mgが容量になります。 吸収力の違いがあると思われますが、コストパフォーマンスはプリズマホルモン軟膏の方がはるかに上です。 プリズマホルモン軟膏10gはテストステロン100mg含有ですが、 プリズマホルモン錠60錠は、50mgでしかありません。
プリズマホルモン軟膏は5mgずつ使っても、20日分もありますが、 プリズマホルモン錠60錠は毎日5mgで10日分しかないです。 (プリズマホルモン軟膏は1日1mgが正しい用法・容量です。念のため!)
プリズマホルモン錠は、送料を無料にするため、 プリズマホルモン軟膏と同時に買いました。 ちなみに、プリズマホルモン軟膏は、一度に買える本数が1本だったので。(これが面倒くさい)
プリズマホルモン錠・プリズマホルモン軟膏は、いかなるホルモン剤と同時に利用することができません。 そこらへんは、買うときに、薬剤師から釘を刺されました。



セルノスジェル1%14袋

セルノスジェルは、海外製品のテストステロンです。個人輸入で入手します。 当然ながら、セルノスジェルの使用は自己責任です。 セルノスジェルは、ホルモン補充療法(HRT)として利用されるホルモン剤で、ジェル状でアルコールが入っていて、 塗った後はすぐにサラサラになります。
一般に40歳以上の男性に推奨、とのことですが、国内のホルモン薬も40代くらいからですので同じですね。 だいたい45~65歳くらいの方がホルモン治療でセルノスジェルを使います。 それ以外は基本、使用禁止。女性も禁止。
通常、成人は1日1回、同じ時間帯に上腕部や肩、腹部に1袋(5g)を塗布。 と、あります。 プリズマホルモンのように陰嚢に使ってしまうと、アルコールでしみる人もいるようです。 確かに陰嚢に塗ると、火が付いたみたいにカーッとなりますが、すぐに収まります。 慣れれば何てことないのですが、ダメな人はダメでしょうね。擦り傷があったら耐えられないレベルです。
それと、容量を計算するとわかるのですが、セルノスジェルは、プリズマホルモンの10倍の濃度があり、 50倍ものテストステロンが1回分になっています。 これは、いくら何でもやり過ぎです。 1日7mgのテストステロン分泌が平常なのに、一度に50mg追加はキビシい。 なので、販売サイトのレビューを見る限り、日本人の使用者は3~5回くらいに分けて使う人が多いようです。 自分もそうしようと思っていたら、みんな同じでした。
セルノスジェルの容量を見ればわかるように、 2パックでプリズマホルモン1本分のテストステロン100mgが入っています。 それが7倍(14袋)入っているのですから、コストパフォーマンスは劇的に高いことになります。 あくまで、ちょっとずつ使えば、の話です。
ただ、輸入になるので、到着まで2週間はみないといけません。

セルノスジェル1%14袋
セルノスジェル(CernosGel)1%



その他のテストステロン製剤

以下は、購入を検討したテストステロン製剤です。 結局、肝臓に負担がなく、塗るだけでいい、そして安価なセルノスジェルになりました。 テストヒールは、飲み薬として、実際に私が長期間使用しております。
テストヒールとセルノスは飲み薬ですが、タブレットではなくカプセルです。 タブレットなら割って飲めますが、カプセルではそうもいきません。 しかも、ウンデカン酸テストステロン40mgを含有し、1~4錠を飲むというもの。 4錠はさすがに、ありえん量です。
テストジェルは、セルノスジェルと効能、使い方とも変わりません。 値段の違いです。
私は、独断と偏見でセルノスジェルを選択しましたが、当然ながら使用は自己責任です。 それと、私は建前上、男性更年期障害の薬として使用しておりますので、筋肉増強が目的ではありません。 もちろん、筋肉が増えれば、うれしいです。というか、増えてほしいけど。 テストヒールは常用です。

テストヒール(Testoheal)40mg
有効成分のウンデカン酸テストステロンを含有した男性ホルモン製剤です。 男性ホルモンを補うことで、男性ホルモンの働きが充分でないときに起こる症状を改善します。 この記事を書いた後、3年以上、毎日飲んでいます。おかげで絶好調!
テストヒール(Testoheal)40mg

セルノス(Cernos)40mg
Sun Pharma Laboratories社のアンドリオールジェネリックは、ウンデカン酸テストステロンを有効成分とする男性ホルモン(テストステロン)補充剤で、アンドリオールのジェネリックです。 テストステロンの分泌レベル低下による様々な症状を改善するほか、運動能力の向上を目指すアスリートにも使用されています。
[アンドリオールジェネリック]セルノス(Cernos)40mg

テストジェル(TestoGel)50mg
テストステロン(男性ホルモンの一種)補充ジェルです。
テストジェル(TestoGel)50mg



テストステロンブースター

サプリメントにテストステロンブースターというのがあります。 これは薬ではなく、亜鉛やビタミンなど、テストステロンの分泌を促すものが入っているサプリメントです。 効果のほどは不明ですが、普通に考えてテストステロンの分泌量が倍になることはないでしょう。
すると、テストステロンの薬に比べ、効果はほとんど期待できないレベルになってしまいます。 ただ、副作用はないでしょうから、その点はよいです。ドーピングにもならないだろうし。
睾丸マッサージと併用すれば、それなりに効果はありそうです。 だったら、高い金払ってテストステロンブースターなんか買わず、睾丸マッサージだけでいいような気もしますが?
テストステロンブースターは、けっこうな数が出回っていますので、代表的なのを、いくつか挙げておきます。

テストブースター(TestoBooster)
テストステロン分泌強化用のサプリメントです。
テストブースター(TestoBooster)

ベストテスト[Bpi社製]
テストステロン分泌強化用のサプリメントです。
ベストテスト[Bpi社製]

トリブースター[BioTechUSA社製]
トリビュラス(ハマビシ)含有の、テストステロン分泌強化用のサプリメントです。
トリブースター[BioTechUSA社製]



トリビュラス(ハマビシ)

天然ハーブであるハマビシ(トリビュラス)のサプリメントです。 ハマビシ特有のサポニンが含まれており、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促すとされています。 一説には、DHEAの分泌を助けるとか。
私は、よくわからないまま、トリビュラスを飲んでいましたが、実際の効果は不明です。 テストステロン製剤と共に飲んでいたのでは、分かるはずがありませんね。
そのため、テストステロン製剤は、自己分泌を妨げないよう、夜に飲まないので、 トリビュラスは、夜に飲むようにしました。 あとは、テストステロン製剤を飲まないときとか、ですね。

トリブースター[BioTechUSA社製]
トリビュラス(ハマビシ)含有の、テストステロン分泌強化用のサプリメントです。
トリブースター[BioTechUSA社製]



次にいく

▲ページトップに戻る